学ぶ姿勢が影響する!?

職場環境ややりがいは学ぶ姿勢によって変化します

常に学ぶことが大事

女性が多い職業といえば、看護師が思い浮かぶと思います。
看護師は資格を取得するまで勉強すれば良いわけではなく、資格取得後も継続して勉強をしなければいけません。医療の現場は常に進歩しているため、最新の情報を取り入れる必要があるからです。看護師は、勤務時間内の勉強会や外部での研修があります。大勢の看護師が、時間を作り参加しています。新人看護師だけではなく年配のベテラン看護師も、自ら進んで勉強会や研修に参加しているのです。看護師は、常に学ぶ姿勢を忘れてはいけません。勤務中にわからないことがあればその都度調べる必要がありますし、担当の患者の疾患に詳しくなかった場合には、自宅でも勉強する必要があります。
患者やその家族が、疾患のことや薬のことを看護師に聞いてくることがあります。その時に「わかりません」では、患者やその家族はその看護師に不信感を抱いてしまいます。それでは良い看護は出来ません。覚える内容が多いので、何年経験年数が経っても、完璧な看護師はいません。皆、疑問に思ったことは質問したり、自主学習したりしているのです。院内の委員会活動もその一つです。委員会内で学んだことを、病棟のスタッフに対して勉強会を開くのです。あまり興味がない項目でも、医療の現場で働くには、常に学ぶことが必要です。学ぶ気がない人には、誰も教えたくなくなります。一生懸命メモをとったり自主学習している人と、自分で調べることをせずに人に聞いてばかりいる人では、他のスタッフの対応も違いが出てきますので注意しましょう。

Comment

*